島々模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イバラカンザシにタッチ!

201609タッチ2


上方水中映像祭りで見た○○タッチ。(○○は個人名が入ります)
いままでそんなことができるとは思っていなかったので試したこともなかったけど、
映像を見てから自分でやってみたら、意外と成功します。

201609タッチ1


もちろん引っ込まれることが多いけど、むちゃくちゃ低い成功率ってわけでもないです。
10-20%くらいかな。

こうして片手で触ってもう一方の手で写真も撮れますよ。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/20(木) 17:37:20|
  2. 四国ダイビング
  3. | コメント:0

安満地 オシャレハナダイ

201609オシャレハナダイ


安満地の港内。水深5mに棲んでいるオシャレハナダイです。
ここに棲んで3年目。かなーり長生きです。

この港、かなり湾奥にあって、1度入り込んだ魚はなかなか逃げられないようです。
前にはハナゴンベが数年間水深6mにいついたこともありました。

世界で1番浅いところでみられるオシャレハナダイではないでしょうか。
伊豆の川奈の個体はまだ健在なのかな?

通常の水深では見られない、サンゴとオシャレハナダイなんかも撮れます。
100mmマクロの最短まで寄れますし。

船の係留ロープで住処の珊瑚が割れてしまってどこかに行ってしまわないか心配でしたが、なんとか無事にいてくれるようです。


末永く棲んでいて欲しいなあ。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/16(日) 19:59:52|
  2. 四国ダイビング
  3. | コメント:0

須江  ハナイカ

201610ハナイカ

須江のハナイカです。
ハナゴンベからのハナ繋がりで。

泥地を歩いていました。
写真からではわかりにくいですが、かなり小さめ。
ハナイカって小さいほうが色が鮮やかできれいな気がします。

問題はどこで撮っても同じような写真になってしまうこと。
A浜、B浜でも撮っていますが、うーむ変わり映えしない!

泥地なので移動すると巻き上げてしまいます。
近寄りすぎると、スーッと泳いで遠ざかって一定距離を保つようにしてました。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/14(金) 10:12:40|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

須江 ナガセハゼ

201010ナガセハゼ


2日目の最終ダイビング。マンツーマンでした。
二人なのでドロドロのダイビングをリクエスト。
20m後半の粘土のような泥地を行きます。
内浦ビーチに来たらこういうダイビングやりたかったんだよねぇ~

20後半は粘土質で少しのフィンキックで泥の巻上げでモワっとなります。
ずっとあおり足で移動していました。
また、撮影のために着底するとあまり動けません。動くとにごる・・・
ただ、弱い流れがあって動かないで待っていると泥が流れていって見えるようになりました。
個人的には複数人では行きたくないです。

ずっと20m後半なのでナイトロックス必須に近いです。
島雄は空気でしか潜れない旧式ダイコンなのでナイトロックス背負って、減圧は空気のテーブルで行いました・・・。

泥地で赤松さんにさしてもらったもの。
ナガセハゼ、ダスキースリーパーコビー、シゲハゼ、ホワイトブイ(腕だけ)などなど

写真はナガセハゼです。
慎重に寄りました。
眼が緑になって、胸鰭広げているんだなぁ。
顔はサルハゼ系ですね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/13(木) 13:02:56|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

須江 ハナゴンベ

201010ハナゴンベ


須江で会ったハナゴンベ。
エントリーしてすぐの8mの子です。
他にすこし行ったところに尾びれが食べられてしまった?方もいました。

安満地の港の中の8mで成魚は見たことありますが、幼魚をじっくり撮るのは初めてでした。
エントリーしてすぐの場所で人もたくさん来るので人が来たら譲って、いなくなったころに戻って撮ったりしていました。

発見初日だったのでそれほど人が集中しているわけでもなかったですが浅いし撮りやすい場所にいるし人気でるだろうなぁ。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/12(水) 15:29:12|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

20161008,09 須江

20101クルマダイ


この週末土日で10/1の内浦ビーチオープンに伴い、須江に行ってきました。
サービスは1回行ってみたかった赤松ダイバーズ。
島雄界隈ではガイド詳しいし、宿の食事がおいしいと非常に評判のサービスです。

ダイビングは6本。1ボート2ビーチを2日間です。
ボートは2日ともナギサキでした。
宿は赤松さんの宿です。
2日目の3本目は帰る日だったのでどうしようか迷っていたのですが、3本目はマンツーマンと聞いて行く事にしました。
ガイドさんとのマンツーマンは非常に楽しいですからね。
3本目はナイトロックス背負って20m後半の泥地探索。
やっぱり行ってよかったです。


ナギサキも内浦ビーチも透明度はいまいち、ストロボ炊くと浮遊物のハレーションで白っぽくなってしまいます。
出物はナギサキはキシマハナダイ、ピグミー、クダゴンベ、フチドリハナダイ、 内浦はクルマダイ、ハナゴンベ、ナガセハゼ、ダスキースリーパーゴビー、ネジリンボウ、ウミテング、魂などなど。
いろいろ出ていて楽しい海でした。

写真はクルマダイです。
内浦に2個体いました。
1日目に撮ったものは全部目が白く、背景真っ暗でした。
2日目にストロボを離して横から当てて、ISO上げ絞り開いてシャッター遅くして背景に色をつけました。
新しいデジカメだったらもっとISO上げれるので難易度低いですが、島雄のカメラだとこんなもんでしょう。
クルマダイは大昔に大瀬崎のマンボウケーソン沖の38mだったかな?くらいで会って以来かも。
お久しぶりでした。
  1. 2016/10/11(火) 14:37:59|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

柏島 アオサハギ

201609魂


柏島のボートダイビングであったアオサハギです。
一部に人が魂と言っているのはアオサハギの子供で体の線がまだ出てきていないような極小個体なので、
これはアオサハギでいいんじゃないでしょうか。
もちろん魂は正式名称ではありません。

この日はDI君のガイドで少しはぐれ気味についていっていたのですが、すこしはなればやっちゃんがこれを照会しているところを発見。
やっちゃんのお客さんが移動するのを待ってDI君には大変申し訳ないのですが刺さってしまいました。
水深10数mって感じかな。

イバラカンザシをつついてなにかごみのようなものを食べているようなかんじでした。
陸上で見てみたらピントが厳しい! なかなかジャスピンはありませんでした。
これは数少ない1枚。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/05(水) 10:55:46|
  2. 四国ダイビング
  3. | コメント:0

A浜 シボリ

201609シボリ


恒例のA浜遠泳ダイビングの終盤。
水深7mの砂地。ひっくり返ったテーブルサンゴ(直径3-40cm)がまだ生きている様子だったのでもとの状態に直してあげたら
見慣れない魚が。
撮影中、何の魚かわからなくてテンジクダイ系? ひょっとしてオビシボリ??って思っていました。

帰ってきてFacebookで八丈島のレグルスの加藤さんに聞いて所。「シボリ」というお名前だそうです。
シャイでじみーーなお方なのであまり写真なさそうなのでUP!

正直、写真の出来は良くないけど記録ってことで。


201609シボリ3



尾びれ
201609シボリ2

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/03(月) 22:26:22|
  2. 四国ダイビング
  3. | コメント:0

プロフィール

Shimao

Author:Shimao
海、ときどき陸上写真の島雄のBlogです。
気まぐれに興味があったことをUPします!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
WebLog (12)
水中写真 (6)
四国ダイビング (63)
陸上旅行 (7)
遠出(外国、沖縄) (0)
近場ダイビング (7)
ミサワ ハイブリッド (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。