島々模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリーニング

201710クリーニング
大瀬崎で潜るといろいろな魚のクリーニングシーンをよく見ます。
これはホシササノハベラがシラコダイをクリーニングしているところ。
シラコダイも他の魚をクリーニングしますね。
クリーニングされて気持ちがいいのか夜間の色になっていますな。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/10(火) 00:55:41|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

201710 大瀬崎 先端

201710クダゴンベ

大瀬崎の先端です。
今年は複数のクダゴンベがいるらしい。
島雄は1個体だけ見つけました。
5年ぶりのポイントなので許して(笑)

5年ぶりでももともと精緻にポイントのこと理解していたわけではないのであまり無問題。
岸からちょっと言ったら急斜面で湾内側に行くと砂地になって、先端の先端のほうはソフトコーラルきれいだよねぇくらいなものなので。

クダゴンベ君はサービスでxxmくらいにいるよーーっていうのを聞いてそこらへんを探してみる感じ。
ここらへんは新参者の島雄なので、これくらいの情報でちゃんと見つけてくるんやなぁと。
課題をこなして信頼を得ていく感じでございます。

でも、情報もらえるのは楽でいいね。
いままで自分で探すのがほとんどだったのでありがたいです。

写真はISO400、F3.2、SS1/60で撮りました。
100mmマクロで手ぶれ補正何それなカメラとレンズなのでここらへんが設定の限界。
どちらかというと昨日の写真のようにガチ寄りして開け気味にして撮るのがカメラ的においしいところ。
こういう写真はもう少し新しいカメラ使ってISO上げれてフルサイズでボケるようにしたほうがよさそう。
  1. 2017/10/08(日) 21:09:10|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

大瀬崎に行ってきました

201710カスリハゼ


お久しぶりです。Blogが途切れている間にいろいろありまして、大阪から東京に戻りました。
嫁と子供も一緒です。
名古屋に3年、大阪に5年。久しぶりの東京です。
ダイビングに行くのは大阪時代の高知から伊豆に戻りました。

今年になって3回目の大瀬崎です。シーキングさんにお世話になっております。
サービスの決め手は広い和室があって嫁や子供を連れて行っても大丈夫なようだったのでここにしました。
もちろん島雄が湾内潜るんだったら右側が好きだっていうのもあるのですが。。。

1回目はオーナーの赤堀さんにガイドをお願いしました。(カメラはぶら下げているだけ)
2回目はセルフだったのですが、ハウジングの部品を忘れカメラ無し・・・・
3回目にしてようやく写真撮り始めました。

地形とかはまぁまぁ頭に入っている感じです。
細かいところはわからないけどね。
ボチボチ潜りますわ。
写真はカスリハゼです。5年ぶり(だと思う)の湾内は以前よりの泥っぽくなっているような気がします。
高知で見ていて眼ができていることもあるかもしれないですが、カスリハゼをよく見つけます。
トリミングで横長の長方形を端を切って正方形にしました。
  1. 2017/10/07(土) 23:58:56|
  2. 近場ダイビング
  3. | コメント:0

柏島 ヒオドシベラ

201608ヒオドシベラ2


夏休みの柏島での写真です。
後浜で撮影。
居ついている場所があってずっと見ているとチョウチョウウオがスイーーッと近寄ります。
クリーニングだ! 撮りました。

生態写真を撮ろうとするとあわててバタバタで魚を逃がしてしまうことが多いです。
寄りきれないですし。
まだまだ修行が必要ですな!


201608ヒオドシベラ1

2枚目は上がってPCで見てから気づいたのですがクリーニングされている場面。
クリーニングしたりされたりお互い様って言うことやね。


いろいろな方が立ち寄ります。
201608ヒオドシベラ3

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/12/29(木) 01:48:31|
  2. 四国ダイビング
  3. | コメント:0

マダラテンジクダイ

201611マダラテンジクダイ

B浜のマダラテンジクダイです。
B浜7-10mの砂地。ひっくり返って落ちている死んだサンゴの中にいました。
これもかなり地味・・・・。

B浜の帰り道。
ひっくり返って死んだサンゴの中を覗いていると見つけられます。
まぁあまり積極的に探す人は珍しいですね。

今年のA浜でも見つけられました。
Web上では2013年の高知大学の記事で「日本でのマダラテンジクダイの記録は,四国西南部沿岸の2箇所のみ」となっているので
そこそこ貴重なお方のようです。
ただ、Web検索すると今は串本や沖縄の写真もでてきます。
サンゴの中に住んでいるし、あまりナイトはやらない土地柄だと思うので、探せば出てきそうですが・・・・・。
どうなんでしょうか。

全身像(同一個体)
右側の少し大きな穴から左側の少し小さな穴に移動するところです。
島雄がフラッシュバシバシ当てたからかな?
201611マダラテンジクダイ2


高知大学の記事。Aquasのやっちゃんの写真!
http://www.kochi-u.ac.jp/w3museum/Fish_Labo/TopPageFishes/TopPageFishes.html/201306Cover.html


テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/12/27(火) 11:24:46|
  2. 四国ダイビング
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Shimao

Author:Shimao
海、ときどき陸上写真の島雄のBlogです。
気まぐれに興味があったことをUPします!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
WebLog (12)
水中写真 (6)
四国ダイビング (63)
陸上旅行 (7)
遠出(外国、沖縄) (0)
近場ダイビング (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。